Sorry, translation yet...

SVG Filter Test Review

3D-SVGレンダリングのために、様々なSVG対応アプリケーションについて調べました。
基本的に、作ったSVGデータ読み込ませ、表示されない原因がなんなのか地道に調査確認するという方法をとっています。

2017/06/17 Krita 4.0 Alphaを追加。
2017/04/20 SeaMonkey,iCabなどを追加。
2017/03/12 MacSVGを追加。

結論


フィルタ効果の対応についてはアプリケーションごとに差異があリ、どれでも読めるような共通解となるSVGデータを生成するしかありません。
2015年5月現在、Lincap(線の先端が丸い状態)が反映されないアプリケーションが2つあります(LibreOfficeとか)

汎用性あるデータを作る、利用するには(2016年10月現在)


レイヤーとして認識されるSVGファイルを作る場合、Inkscapeだけ独自の名前空間を使う(データ量が増える...)、それ以外は g タグで囲っておいてそれにID属性でレイヤー名を記述すれば IllustratoCS5,Setch3,AffinityDesigner1.2でそれぞれ意図した通りのレイヤーとして認識される。
SVGでInkscape等とIllustrator両方で意図した通りのレイヤー構成を認識させる方法。SVGファイルの冒頭 svgタグ中で、Inkscapeの名前空間 xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" xmlns:inkscape="http://www.inkscape.org/namespaces/inkscape" を宣言してはいけません。Illustratorで読み込むことができません。
レイヤーとしたい各 各開発者へのフィードバックも必要かもしれません。

Affinity Designer1.4はファイル>開くでSVGファイルをパスとして読み込み可能。ドラッグだと埋め込み画像扱いになる。SVGぼかしフィルタに対応していることを確認、それ以外の効果は表示されない。
また複数のフィルタが定義されていると読み込み後にフリーズする。そのためWings3D SVG フィルタ一覧を読み込むとフリーズする。
塗りの縁が目立つので、単なる線画のみを読み込むなら問題ありません。 どうも、小数点の値を指定した場合、アプリケーションによって効果があったりなかったりで、どうしようもない。 あるソフトではぼかしが0.99で効果があるのに、0.5だと効果なしだったり。
radiusの異方性指定に対応してるのもあれば対応してないのもあったり。
NameVerLineLine CapLayerShape-rendering crispEdge
following
Blur ProblemBaseFrequency
Nagative value
SVG
Filter
SVG
Pattern
Memo
Inkscape 0.9.1 OK OK OK N/A︎ 0.25 Error Process(*) OK OK
Adobe Illustrator CS5/CS6 OK OK OK OK 0.25 Error Process(*) OK OK Bug:a marker feature isn't display completely.
filtered 0.8.5 OK OK ---- OK 0.25 BaseFrequency="1" not work
BaseFrequency="0.99" work
OK OK Apache Batik
Firefox 37 OK OK ---- OK 0.25 (Windows only)
Support OSX/Linux
Negative value not work
(Windows Only)
OK OK
Safari 8.0.6 OK OK ---- OK Support Negative value not work
(Win/OSX/Linux?)
OK OK linear RGB ColorSpace
Iron 39 OK OK ---- OK 0.25 Negative value not work
(Win?/OSX/Linux?)
OK OK
Opera 12.16 OK OK ---- OK Support Negative value not work
(Win?/OSX?/Linux)
OK OK
LibreOffice
Draw
4.4.1 OK NG(Bug) ---- N/A︎ N/A︎ N/A︎ N/A︎ N/A︎ Pattern and Filter aren't support.
Bug: Rounded line cap isn't display
Scribus 1.5.4 OK OK ---- N/A︎ N/A︎ N/A︎ N/A︎ OK Pattern support
Filter isn't support
GIMP 2.8.14 OK OK ---- OK 0.25 Error Process(*) OK OK
Graphic
Converter
9.6.1 OK OK ---- OK ? Error Process(*) OK OK Apple Quartz pdf importer
dynaPDF importer
Internet Explorer 11 OK OK ---- N/A︎ 0.25 Negative value not work OK OK
AffinityDesigner1.2Trial OK OK OK N/A︎ N/A N/A N/A N/A 複数のフィルタタグを持つSVGファイルを読み込むとフリーズ。 従って Wings3DのSVGフィルタ一覧ファイルを読むとフリーズします。 フィルタはぼかし以外は非対応。通常の出力なら表示可能。
AffinityDesigner1.4 OK OK OK N/A︎ N/A N/A N/A N/A 複数のフィルタタグを持つSVGファイルを読み込むとフリーズ。 従って Wings3DのSVGフィルタ一覧ファイルを読むとフリーズします。 フィルタはぼかし以外は非対応。通常の出力なら表示可能。
Sketch3.3.2Trial OK NG OK N/A︎ N/A N/A N/A N/A
* Regarding Illustrator , GIMP,Inkscape ,these softwares might has removed the sign.

参考:
SVG output script
rendering - Adjacent svg:polygon edges do not meet - Stack Overflow

レイヤー対応ソフトでの再現(上段左からSketch3,AffinityDesigner1.2,下段左からIllustratorCS5,Inkscappe0.9.0)
この中でSVGフィルタに対応しているのはIllustratorとInkscapeのみ。



使用感:

各アプリケーションにおけるエラー訂正


SVGフィルタの feTurbulenceのBaseFrequencyのマイナス値に関すること。
SVG仕様をみると...Filter Effects – SVG 1.1 (Second Edition)、マイナス値はエラーとみなす(エラー)、
A negative value for base frequency is an error (see Error processing)とある。 エラー処理ではその部分を描画させないようにする等対策を行ってくださいと書かれている。
また、baseFrequency - SVG | MDNにも書いてある。

もしbaseFrequencyの値に、エラーとされる「-1」を指定した場合、各アプリケーションで対応もまちまちです
また、ぼかしの値に 0.25 を指定してもはっきり効果が分かるのはSafariとFirefox(Windows版を除く)。あとはぼかしが適用されていない気がする。
0.75でうまくぼかされてるものもある。ぼかしの値は1.0だとどのアプリケーションでも確実。

また、filterdでは 値の最大値が 1 なんて誰でも指定しそうなのに効果が反映されず、 0.99を指定しなければいけませんでした。

レスポンシブSVGファイルを極限まで縮小しようとすると、アプリケーションによって違いも現れます。(テキストのスケーリングなど)
Firefox49(左)やSafariはテキストと描画パスを全体的に縮小しているのに対し、Chrome53(右)はテキストに限って各エレメント単位で縮小しようとする。

*Inkscape 0.91


オープンソースで開発されてるドローソフト。SVGフォーマットにおいて最も忠実に編集できる?
SVGファイルのサイズが大きくても読み込みスピードは速い。フィルタをたくさん使用している場合、非常に動作が重くなる(Corei5 2.8GHz でも)。
SVG フィルタ編集は階段状にノードをつなげる方式。自分的にはちょっとわかりにくいと感じた。
保存されたSVGファイルは些か冗長だったりする。

【きっちり接しているはずの図形同士の輪郭線が汚く表示されるのを直す】
重なったポリゴンの境界に細い線が出てしまうのを防ぐ方法。
Inkscapeではぴったり隣り合ったオブジェクトの境目に白い線が表示されることがあります。
この問題は v0.91では解決されています。ドキュメント設定で、アンチエイリアス表示を切り替えることができます。アンチエイリアスを外せば、綺麗に表示されます。
やり方はCTRL+SHIFT+DでDocument Propatiesウインドウを出し、Page タブの Display のAntiailias のチェックを外す


参考情報;
InkscapeForum.com • View topic - Workaround for erroneous gaps in rendering?
Inkscape workaround to fix the white gaps between objects | inkscape tutorials blog
html5 - How to render svg elements with crisp edges while still keeping anti-aliasing? - Stack Overflow
VRM Vector Rendering Method - about



もしフィルタを使った部分がボケボケで荒くなっていたら、初期設定ダイアログのレンダリングの設定をみてください。
ガウスぼかしエフェクトとフィルターぼかしエフェクトは高品質に変えておきましょう。

*Adobe Illustrator CS5,CS6

SVG形式の書き出しダイアログは、属性やクラス名など様々なやり方で保存できるようになってる。しかしSVG読み込み速度が致命的に遅い。
タグが多いと読み込みが分単位で遅くなる。100個のPolygonタグを記述するより、1つのPathタグで100ポリゴンを記述するほうが高速であることが判明。
遅いマシンだとSVGフィルタを適用するたびに、プログレスバーが伸びるので、ちょっと煩わしい。

そのためか、デフォルト設定ではエフェクトの解像度が低くなっておりジャギーが目立つ。もしきれいに表示させたいなら効果の解像度を300くらいに上げること。 また、色味はcolor-interpolation-filters="sRGB" 属性を指定した場合変わってしまう。



【きっちり接しているはずの図形同士の輪郭線が汚く表示されるのを直す】
IllustratorにおいてもInkscapeと同様の現象が発生しています。
効果>ドキュメントラスタライズの効果設定、オプションのアンチエイリアスをオフにする。
あと、解像度を300ほどにするとSVGフィルタが綺麗になります

【Illustratorのみの問題】
一部のフィルタが適用されていると、色味が変化するケースがあります。

IllustratorSVG編集の特徴。外部SVGのフィルタを、編集中ドキュメントで使用するには?

*filterd 0.8.5:filtered - editor for SVG filters

SVGフィルタをグラフィカルに編集できるツール。GUI画面を見ながら効果を確かめることができる。ノードとレイヤー方式のハイブリッドな編集画面が特徴。 読み込んだSVGタグにすでにID属性がついてる場合、編集後保存する時に同じIDが重複して付加されてしまうというバグがある。 他に feTurbulence で BaseFrequency="1" が反映されないバグあり、feTurbulence ="0.99" にすれば回避できる。 なおSVGレンダリングエンジンにApatch Batikを利用している。このエンジンもSVGの仕様に忠実に実装することを目指しているようです。なかなか綺麗な表示。


Fix Data:



Webブラウザにおいて、 Shape-rendering を CrispEdge にすると、エッジが重なっていてもきれいに表示される。

*Firefox37

SVGのフィルタについてはかなり自由な表現が可能。SVG TurbulenceのbaseFrequencyにマイナス値が設定可能
その割に、SVGテキストの縦書きといった機能は未実装だったりします。 Windows版だけこの値をマイナス値にできない。
MacOSX Firefox 37.0.2


Windows Firefox 37


Lubuntu(Linux) Firefox 32


MacOSX Firefox 49

MacOSX Firefox 53
Silhouetteのギザギザの挙動が不安定、あったりなかったり。内部処理に変更があった!?それともグラフィックドライバによって違う?
他のレンダリングエンジンとはっきり違う点はWind Blurの枠線が濃く出ている所。

*Safari 8.0.6


iPad版Safariもだけど、デフォルトの色空間がリニアRGBになっていて、普通のSVGファイルを読み込ませると色がおかしくなる。
対策としてcolor-interpolation-filters="sRGB"を追加することで他のレンダリング環境と同じ色味にできる。 Chromeと同じくSVG Turbulence のbaseFrequencyにマイナス値を指定することができない。(Grunge Brush参照)


*Safari


Safari 10.0.3 (11602.4.8.0.1)ではフィルタ関連で真っ黒に表示される。治った。

Safari 10.0



*Iron39(Chrome)

Chromeから一部機能を取り払ったブラウザ
Safariと同じくSVG Turbulence のbaseFrequencyにマイナス値を指定することができない。(Grunge Brush参照)


Iron 56(Chrome)

iCab 5.8.3

OSXとモバイル版が存在する。フリー版としても利用できるが、iCabはナグウェア(Nagware:ユーザーが登録するまで、登録を促すウインドウが出る)を宣言しています。
レスポンシブSVGの表示は、ウインドウリサイズの動作が重く感じられました。

SeaMonkey 2.4.8

NetscapeNavigatorをルーツとする、昔ながらのユーザーインターフェースを受継ぎながら、それ以外はFirefoxの最新技術を取り入れようとしているブラウザ。メーラー機能もついている。

PaleMoon 27.2.1


Firefoxから分岐したブラウザ。昔ながらのFirefoxのユーザーインターフェースや仕組みを受け継ごうとしている。
レンダリングエンジンはGecko → Goanna
違い:
  • スタートページが https://palemoon.start.me/jp になる。
  • 現在開いてるタプの検索機能がある。
  • 昔ながらのFirefoxのようにURL欄の下にタブが表示されるデザイン。
  • 環境設定がちょっと難解。Tools > status bar option... が設定に相当?(ダウンロード,ステータスバー,上級者向け設定)
  • Firefoxでは廃止されたプラグインの使用が可能。(Flash,Javaなど)
  • Firefox57で非対応予定のXULベースの拡張機能が使える。
    その他のアプリケーション

    *LibreOffice

    オープンソースで開発されているオフィススイート。
    Illustrator同様、編集用途としてSVGを直接読み込む場合かなり時間がかかる(Writerでリンク画像と用いるなら問題ない)
    SVG形式でライン線端を丸く指定してあるのに、それが反映されないというバグが未だに残っている。

    LibreOffice 5.2.3.3


    LibreOffice 4.4.1
    SVGテキストのSPANは反映されないらしい、SVGフィルタやパターンは未対応です。



    *Scribus 1.5.4


    オープンソースで開発されてるDTPページレイアウトソフト。しっかりCMYKに対応している。 SVGは図形データとして読み込むことは可能なのに、なぜかリンク画像として用いることができない。
    SVGフィルタは未対応、SVGパターンは対応しているので今後機能強化でフィルタも実装されるといいな。



    *SVG Edit 2.6β

    ブラウザ上でSVGファイルを編集できるツール。まだまだ開発途上なので今後に期待。
    2015年6月現在の状況なので今後変更があるかもしれません。
    SVGフィルタとか複雑な構造が記述されたSVGファイルの再現は無理でした。

    テストファイルを読み込んだところ、自動的にオブジェクト全体がdefタグとsymbolタグで囲まれてしまい、編集不可能になっていた。その2つのタグを除去したところ、一応線画と塗りは選択可能にはなった...。 フィルタはガウシアンブラー以外は消えていました。また、Shape-rendering属性を付けていても無視されます。

    レイヤーの実装は独自形式のようです、Inkscape形式のレイヤーとも、id名によるレイヤー管理方法とも互換性はないため、SVGEditのレイヤーリストには出てきません。
    SVGEditではレイヤーを<g><title>レイヤ 名</title><オブジェクトが入る場所></g>という構造で管理しています。



    Opera 12.16

    BaseFrequencyにマイナス値は指定することはできない。


    *Internet Explorer 11

    さすが、しっかり実装されているようです。

    *GIMP 2.8.14

    実はGIMPもSVGファイルを読み込めます。しかし基本的にラスタライズされます。
    パスデータとしても読み込み可能ですが塗り情報は含まれません(また、パスデータも読み込むとそのぶん読み込みに時間がかかります)。

    一部フィルタがうまくレンダリングされないこともあります。
    驚いたことにSVGフィルタやパターンにも対応しており、エッジの重なりもきれいにレンダリングされる。
    また、解像度を高くしてもフィルタの倍率も比例してアップするのでディテールが粗くなりにくいかもしれない。その代わり読込みに時間がかかります。

    feTurbulence で BaseFrequency="1" が反映されないバグあり、feTurbulence ="0.99" にすれば回避できる。
    feGaussianBlur の stdDeviationが 0.3 未満だとオブジェクトをレンダリングしないというバグがある。
    (これらは Chalkを参照)
    Fixed :

    GraphicConverter v9.6.1

    GraphicConverterもSVGファイルを画像として読み込むことができます。
    「アルファチャンネル付き」にチェックを入れると、背景透過処理及び、半透明マテリアルの処理も反映される。
    Apple Quartz PDF Importerを利用しているため読み込みは速いです。

    ラスタライズの解像度は(0.1 〜 4000ppi)の範囲で可能。デフォルトでは 150ppiとなっている。
    ピクセルがそのままスケーリングされるようなので、720ppi以上の効果は期待できません。

    左がGraphicConverter、右がGIMP

    Affinity Photo,Affinity Designer 1.4

    SVGファイルを読み込む場合、メニューから「開く」でレイヤわけされたデータとして読み込めます。
    配置やドラッグアンドドロップでは埋め込み画像になります。
    現時点(v1.4)ではSVGフィルタ無しの線画なら大丈夫です。

    しかしたくさんのSVGフィルタを含むデータを読み込むとフリーズします(Photo,Designer両方とも)。
    下の画像はカタログ一覧を読み込んでフリーズした時のSSです(SVGフィルタを多用しているため)。
    フィルタはぼかしのみ認識されるようです↓


    今度はSVGレンダリング出力を読み込んでみたところ。密着した図形同士のエッジの際が白い線となって目立ってしまいました。

    この問題については、Designerのほう対処法見つからず。Photoの場合は対処法があります。
    Facesレイヤーに「メディアンぼかし」または「最大ぼかし」を適用すると白い線を消すことができます。


    (すでに画像になっている場合)バイラテラルぼかしを使用すると、線を残しながらぼかす事ができそうです。

    Vivaldi 1.2.490.39 for MacOSX


    まだ開発途上なので一部のSVGフィルタが反映されていません。 DrawingPaper3は表示されますが、読み込みに時間がかかります。

    Vivaldi 1.6.689.40 for MacOSX

    SVGフィルタの表示は問題ないようです「Chalk」がうまく表示されていません。

    Vivaldi_1.8.770.56 for MacOSX


    特に変化なし。このまま安定か?
    相変わらずSVGファイルを直接ウインドウへドラッグ&ドロップできない。

    ShotCut 16.10(MacOSX)

    マルチトラック対応ノンリニア動画編集ソフト。
    残念なことに現在、映像や画像を自由に回転/移動/拡大縮小アニメーションする機能は実装されていません。
    その代わりとして、HTML,CSS,HTML5用アニメーションライブラリ(JavaScript)が利用可能です

    SVGファイルの扱いに関しては、線画素材として読み込み可能です。(SVGフィルタは適用されない為)。

    もしどうしてもSVGフィルタを利用したい場合は、ShotcutフィルタでHTML5オーバーレイ機能を使用してください(Mac&Linuxのみ)
    読み込むHTMLファイル内で、IMGタグまたはOBJECTタグを使えばSVGファイルを表示することができます

    HTML+フィルタつきSVGファイルをオーバーレイした様子↓ (ぼかしや線のエフェクトが適用されてるのがわかります)


    タグはどちらを使えばいいの?

    MacSVG

    SVG編集&アニメーション制作ソフト。v1.0.0-RC9なので、まだまだ発展の余地があります。
    レンダリングエンジンにWebkitを使用、SVGエレメントを直に編集するためのインスペクタが充実。
    タイムラインでのアニメーションを作ることができるらしい。
    SVGフィルタの feTurbulenceのBaseFrequencyがマイナス値の場合は表示しない。

    Krita4.0 Alpha版

    Krita4.0でSVGの読み込みに対応しています。 これはアルファ版(テスト前の試作段階リリース)なので、まだ実用するには早いです。 読み込み品質の設定ダイアログがなかったり、Layerとして読み込むとフリーズする(または読み込みに時間がかかる)。 これから色々整備されていくことでしょう。
    書いた人:tkbd